ドクター

赤ちゃんが欲しいなら葉酸サプリを毎日摂取するべき

母子ともに必要なビタミン

お腹

選ぶ基準を知ろう

葉酸は妊娠初期の女性に最も必要な栄養素として知られています。そのため、葉酸はほとんどの妊活サプリメントに含まれており、赤ちゃんが健康に産まれてくるためのサポートをしてくれるビタミンです。もちろん、必要となるのは妊娠初期だけではなく、少なくとも妊娠後期までは飲んだ方がいいです。なぜなら母親は赤ちゃんに栄養を与え続けているからで、この時期の貧血をしっかりと予防してくれます。このように葉酸は造血作用によって、赤ちゃんだけでなく母親も支えてくれるのですが、血が足りなくなると母乳が出にくくなるので、できるだけ授乳中も葉酸を飲むようにしましょう。最近は厚生労働省も妊娠中にサプリメントによる葉酸の摂取を推奨しています。ただ、葉酸サプリを飲む場合、その選び方を間違えると赤ちゃんに悪影響が出たり、必要量を十分に摂取できなくなる可能性があるので注意してください。葉酸サプリを選ぶ最低限のポイントとしては2つあります。一つ目は保存料、甘味料、香料など赤ちゃんに悪い影響を与える添加物の確認です。特にショ糖脂肪酸エステルは胎児奇形のリスクを高めますし、乳糖は下痢や腹痛などに繋がる恐れがあるので注意してください。二つ目は 葉酸の吸収率を上げてくれるビタミンB12が配合されていることです。こちらは赤ちゃんに出やすい障害のリスクを減らしてくれますし、赤血球の造血に関与して貧血を予防してくれます。また、この二つ以外で葉酸サプリを選ぶ基準をもうひとつ挙げるならば、天然か合成かという点でしょう。天然の吸収率は合成の半分くらいしかありませんから、確実に妊娠中に葉酸の必要摂取量400μgを摂るためには、合成のほうを選んでください。ただ、最近は天然の葉酸サプリでも吸収率の高い商品もあるので、一概には言えないところもあります。